円安

サブプライム問題でドルが暴落して円高が続いていた。
ただそれは臆病な奴等が一時的に外貨を売りまくったからだろう。
まあ無理もないが・・・
結局当のアメリカがドル安の恩恵もあって
それほど深刻な打撃を受けていないことに皆が気づいたとき
全てが元に戻ろうとする。
そもそも最近までは円安気味だったのだから。
要するに日本の経済力はかつての勢いなど微塵もないのだ。
外国の投資家にとって日本という市場は全く魅力がない。
驚異的な財政赤字のせいで思い切った利上げなど到底できない。
こんな低金利で市場価値も薄れている円と日本は世界市場の片隅に追いやられようとしている。

まあ極論と言われればそれまでだが
おおよそそういった方向に流れていくと私は睨んでいる。
そうなればおのずとやることは決まってくる。
これから日本で働いて給料をもらい続けるにしても
どうがんばっても円でしかもらえない。
60歳まで働けるにしろ給与収入は全て円だ。
これは確定だ
だのに 全ての資産を円で持ち続けるってことはかなりのリスクだ。
物価が徐々に上がり続ける局面で
低金利の銀行預金に預ける続けるってことは資産を徐々に目減りさせるってことだ。
実質金利は既にマイナスなのではないか?
現有の金融資産全てと今後の収入の余剰分の全てを外貨で運用するぐらいやっても決して無謀ではない。
むしろ銀行へ長期に預け続けるほうが恐ろしい・・・
物価の上昇に負けないくらい
嫌、物価の上昇を遥かに凌駕する資産運用を心がけないと
今後生き残っていけないような気がする。
もちろん節約をするのは当たり前ね
それをやらなければ何も始まらないのだから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック