5時30分の男

今日も定時(17時30分)で業務終了。
18時前にはアパートに居た。
疲れないし時間を有効に使えるからよいのだが、
当然残業手当てはゼロだ。
家計をモロに直撃する。
忙しい時期は月に4万ほど稼ぐときもあったりするのだが・・・
一年間を総合的に見たら安月給に見合った・・・ヘタをすればもっと安くてもいい仕事内容なのだろう。
以前いた部署は結構おいしかった。
毎日1時間程度の残業で、それほど忙しくなかったのに月に平均2万円稼げたものだった。
だが当時の私は毎日スロットやら飲みやらで今はスッカラカンだが・・・
一応毎年昇給するし、歩合制でもないので安定している。
深夜残業もめったにないし、サービス残業も今のところしなくていい。
待遇だけみれば悪くない稼業だ。
定年まで働ければの話だが・・・
こんな厳しいご時世
うちのようなヌルイ団体が生き残っていける保障はどこにもないのだ。
運良く転職できたとしても、うちのような地方で今より稼げる職に就くのはかなり難しい。
もし中途半端な年齢(既に到達)で放り出されたら・・・
背筋が寒くなる・・・
自分は組織を動かせる立場でないので
ガクガクブルブルしているだけだ。
そんな職場から飛び立って自分の才覚でのし上がろうという気概など当然ない。
自分は学生→社会人に進むにあたって最低限の努力をしたつもりだった。
その過程で自分に才覚がないことなぞ中高生の時点でとっくに気づいている。
いつの時代でも才能のない男というのは情けないものだ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック