ダメ三十路男の節約生活

アクセスカウンタ

zoom RSS フェレットの風邪

<<   作成日時 : 2008/04/01 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

31日の午前2時ごろ、フェレットのけたたましい発作で目を覚ました。
それはくしゃみとも咳とも嘔吐とも判別がつかないものだった。
見るからに具合が悪そうだ
そういえばここのところ食欲もなく下痢気味だった。
北国の我が県は春先でも夜は結構冷え込む
昼間と夜間の寒暖の差で体調を崩したのかもしれない。
真夜中なので当然病院に駆け込むわけにはいかない。
部屋を暖かくして明け方まで様子を見ることにした。
最悪仕事を休んで朝一で掛かりつけの病院に行くことも考えた。
だが年度始めを控えた仕事の忙しさを考えると半日でも休むのは厳しすぎる。
幸い朝方にはぐっすり眠り始めたので仕事に行くことにした。
フェレットのことはもちろん気になっていたのだが
目の前にあるすさまじい書類の山をとにかくかたずけることに集中した。
とにかく定時に帰らなければならない。
こんなに集中して仕事をしたのは久しぶりだ。
そのかいがあってとりあえず定時にあげることが出来たので急いで帰宅した。
夜に比べれば心なしか回復したようにも見えるが
やはりくしゃみをするし、息も荒い。
すぐに掛かりつけの病院にフェレットを連れて行った。
担当の女医さんが聴診器をあて、触診をしてくれた。
熱っぽいがおそらく普通の風邪だろうとのことだ。
正直ほっとした。
一週間分の風邪薬を処方してくれた。
診察料と薬代込みで1,800円程、私はペット保険に加入しているので半分の900円ほどで済んだ。
予約制の結構しっかりとした動物病院だが、診察料は結構良心的だ。
そういうこともあって掛かりつけにしている。
それと、担当医の女性
年齢は私より少し上か?
とても感じのよい人だし、わりと美人の部類に入るだろう。
私はうつ病で性欲が薄いくせに
こういう年上の魅力的な女性には何故か惹かれてしまう。
まあ私のような男には高嶺の花であるのは言うまでもない。
今日も薬を飲ませ、寝かしつけ、丁度いま眠ったところだ。
今のところ発作もくしゃみもない。
薬が効いたようだ。
本当によかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フェレットの風邪 ダメ三十路男の節約生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる